【おすすめ記事】ヘビーラジオリスナーにおすすめのワイヤレスイヤホンはこちら!

iPhone7/7Plusの防塵防滴性能のはどの程度レベルなのか?

スポンサーリンク

via http://www.apple.com/iphone-7/

iPhone7/7Pulsが発表になりました。

私なりに要点をまとめ買うべきか検討した結果を書きたいと思います。

まずは防塵・防水性能についてです。

※詳しい性能はAppleの公式サイトのこちらに記載されております。

スポンサーリンク

防沫性能、耐水性能、防塵性能

私自身お風呂に入りながらiPhoneを利用することも多くその際はジップロックにいれて仕様しています。実際iPhone7/7plusがどの程度の性能なのか確認したいと思います。

仕様はIEC規格60529にもとづくIP67等級です。

IPとは『International Protection』の略で機器の保護性能を表すための国際標準として、国際電気標準会議(IEC)によって決められた規格です。

IP67等級というのは防塵6級、防水7級を意味します。

防塵等級

iPhone7/7Plusは防塵等級の中でどの程度のレベルなのかというと下記表の通り防塵等級は0級〜6級まであり、6級は防塵等級のなかで一番高い等級であることがわかります。

保護等級内容
0級特に保護がされていない
1級直径50mm以上の固形物が中に入らない(握りこぶし程度を想定)
2級直径12.5mm以上の固形物が中に入らない(指程度を想定)
3級直径2.5mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない
4級直径1mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない
5級有害な影響が発生するほどの粉塵が中に入らない(防塵形)
6級粉塵が中に入らない(耐塵形)

防水等級

防水等級は0級〜8級の9段階で表されます。iPhone7/7Plusは下から2番目の7等級に位置します。しかしこの等級のなかのPX7、IPX8は「一定の水中に沈めた状態」という潜水に対する防水性能を示すだけです。IPX5、IPX6で実施される「噴流水」のような強い短時間の水圧に対する防水性能とは異なることが想定されてます。

浸水と噴水流の両方の性能がある場合は”IPX5/IPX7″というように2つのIPコードが並べて表示されることが多いようです。

以上からiPhone7/7Plusはあるていどの水没には耐えるけど強い水が吹きかけられる状態には弱いことがわかります。例えばお風呂に持ち込む分には問題ないけど、iPhone7をもったまま滝修行などむずかしいといった感じでしょうか?

保護等級内容
0級特に保護がされていない
1級鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴I形)
2級鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴II形)
3級鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)
4級あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)
5級あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)
6級あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)
7級一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)
8級継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)

水濡れによる損傷は保証の対象外

iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。水濡れによる損傷は保証の対象になりません。

via http://www.apple.com/jp/iphone-7/

iPhone7/7Plusは高いレベルの防塵・防水性能を有するものの水濡れによる故障は保証対象外です。お風呂の中での使用などは問題ないかと思いますが(シャンプーや石鹸、サウナなどは要注意)プールの中で使用したり水中写真を撮ったりといった激しい使用は避けたほうがよさそうです。

ITメディアに詳しい記事がありましたので追記します。

iPhone 7はお風呂で使えるの? 防水・防塵「IP67」の意味を解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました