【おすすめ記事】ヘビーラジオリスナーにおすすめのワイヤレスイヤホンはこちら!

iOS10.1配信開始!ポートレートモードは発展途上!?通常撮影とポートレート比較

スポンサーリンク

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

iOS10.1が配信されて、カメラのポートレートモードが利用できるようになりました。現在はまだbetaの段階ですが、早速撮ってみました。

iOS10.1ではapple payも利用できるようになりましたので、同じくためしてみたいと思います。

スポンサーリンク

ポートレートモードはまだ発展途上か?

%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88

%e9%80%9a%e5%b8%b8

上がポートレートモードで撮影したものでしたが通常撮影です。

ポートレートモードはその名のとおり人物を撮るときに一眼のように背景をぼかすことができる機能です。上の写真はブツ撮りですが、背景がしっかりボケているのがわかるかと思います。

ただポートレートモードで撮影するときには近すぎても遠すぎても撮影はできず、撮影時には少し気を使う必要があります。また周りが暗いと撮影が困難な場合があります。

以下背景がうまく比較的うまくボケたものをのせます。img_0031

↑ポートレートモードでの撮影です。

img_0030

↑通常撮影です。

ボケ具合がわかりやすいように2匹の猫を離しておいてみましたがどうでしょうか?背景が結構綺麗にボケていることがわかります。後ろの猫がしっかりボケています。

うまくボケけた写真が取れないこともありますが、今はbeta版なので、今後に期待したいと思います。

適当なレビューですが、参考になれば幸いです。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました